節約・家計

バンガードの米国債券ETFを比較【VGLT, VGIT, VGSH】

こんにちは、Cozです。

現在ポートフォリオの約半分を債券ETFが占めています。

今回の記事では、Vanguardの米国債券ETFを比較しましたので、シェアします。

こんな方におすすめ

  • バンガード米国債券ETFのことが知りたい方

この記事のまとめ

  • 償還期間が短いとリターンが小さい
  • 手数料はどれも0.05%

VGLTとVGIT, VGSHは何が違う?

償還期間が違います

  • VGLT: Vanguard Long Term Treasury Bond
  • VGIT: Vanguard Intermediate Term Treasury Bond
  • VGSH: Vanguard Short Term Treasury Bond

ブルームバーグ・バークレイズ米国国債と連動することを目標としていますが、VGLTは10年以上、VGITは3-10年、VGSHは1-3年の償還期間が対象となっています。

シンボルVGLTVGITVGSH
製品名バンガード・米国長期国債ETFバンガード・米国中期国債ETFバンガード・米国短期国債ETF
費用0.05%0.05%0.05%
利回り2.0%1.81%2.17%
運用額4.6 B$9.2 B$10.6 B$
開始日2009年11月19日2009年11月19日2009年11月19日
平均デュレーション18.3 年5.2年1.9年
1年リターン33.12%6.31%5.27%
5年リターン7.45%2.37%1.77%
10年リターン8.90%3.22%1.32%

経費率はいずれも0.05%と超低水準であり、運用開始日も2009年11月19日となっています。

運用額はいずれもビリオンドルを超えています。

償還期間が違いますので、リターンが大きく異なっており、VGLT > VGIT > VGSHの順となっています。

 

パフォーマンスの比較

2010年4月20日〜2020年4月20日のリターンは、それぞれ以下のようになります。

  • VGLT: 80.02%
  • VGIT: 17.82 %
  • VGSH: 3.57 %

VGLTは値動きが他2つのETFと比較して大きい分、10年後のリターンは大きくなっています。

VGSHに関しては、年平均に換算すると0.36%程度しかリターンがありませんが、その分値動きも小さく非常に安定した投資先とも言えます。

分配金の利率は2%程度ある為、銀行の定期預金よりかはマシな投資先だと思われます。

 

青色: VGLT, 橙色: VGIT、紫色: VGSH

引用: Charles Schwabより抜粋

 

以上です。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-節約・家計

© 2021 サラリーマンブログ Powered by AFFINGER5