投資

海外総合債券ETFを比較【BNDX, IAGG】

こんにちは、Cozです。

2020年7月現在、私の投資ポートフォリオはコモディティへの投資を除くと、全てアメリカへの投資となっています。

大幅に下落を示した3月から、米国株価は復調してきており、目下の経済状況とは大きく異なる様相を示しています。

レイダリオ氏は「現金はゴミ」だと発言もされており、現金保有は最も良くない投資の一つとして挙げられていました。

世界が大きく変わる「新秩序(ニューワールドオーダー)」の中で投資を行う中では、「分散」が最も大事と言及されています。

 

そこで、今回の記事では米国以外の債権にも投資できるETFについて調べてみました。

こんな方におすすめ

  • 米国以外の総合債券ETFのことが知りたい方

この記事のまとめ

  • 過去5年のパフォーマンスは、米国総合債券と同等以上。
  • 配当利回りはどちらも2%以上あり、米国債より良い。
  • 日本が投資先の中で最も大きい割合。

個人的には、BNDXを今後は買い増して行きたいと思います。

 

総合債券ETFとは?

投資適格債券全体に投資ができるようなETFのことです。

国債のみならず、社債や地方債など様々な種類の債券が、この製品には組み込まれています。

AGGやBNDは米国のみでしたが、今回の記事で紹介するBNDXとIAGGは、米国以外の各国に対してグローバルに投資できるようになっています。

 

BNDXと IAGGは何が違う?

シンボルBNDXIAGG
製品名バンガード・トータル・インターナショナル債券ETFiシェアーズ・コア国際総合債券ETF
会社バンガードブラックロック
費用0.08%0.09%
利回り3.30%2.30%
シャープレシオ1.07%1.15%
配当スケジュール毎月毎月
運用額$27.9B$2.4B
設定日05/31/201311/10/2015
所有数6,2793,590
Year4.14%4.63%
3 Year4.98%5.20%
5 Year4.43%--
平均デュレーション8.43年7.68年

引用: Charles Schwabより抜粋(8月5日時点のデータを使用)

メモ

  • 配当利回りは、BNDXの方が高いです。
  • 費用も0.1%程度で以下であり、非常に低い水準になっています。
  • シャープレシオは1以上であり、比較的良い数値です。

過去5年のパフォーマンスを比較してみますと、値動きの仕方は比較的似ていますが、IAGGの方が良いパフォーマンスを示しています。

引用: Charles Schwabより抜粋(8月5日時点のデータを使用)

 

BNDXと IAGGの投資対象について

投資している国: 先進国がメイン。日本への投資割合が高い

BNDXとIAGGの両方とも、日本とフランスへの投資割合が多いことがわかります。

いずれも、先進国に対して投資していますが、IAGGは中国への投資が10%程度含まれています。

債券の種類: 国債が8割近く

米国総合債券のAGGやBNDでは、国債の組み入れ率は50%以下でしたので、同じ"総合債券"という名前でも中身は結構異なっています。

BNDXもIAGGも国債が8割近くを占めており、その次に社債が15%程度組み込まれています。

格付け: 投資適格以上がほとんど

いずれもBBB以上の投資適格債で占められています。

IAGGは一部、格付けされていない債券が含まれていますが、割合としては非常に少なくなっています。

 

 

米国総合債券とどっちの方がパフォーマンスが良い?

BNDXとBNDを比較してみます。

シンボルBNDXBND
会社バンガードバンガード
費用0.08%0.04%
利回り3.30%2.57%
シャープレシオ1.071.18
配当スケジュール毎月毎月
運用額$27.9B$51.3B
設定日05/31/201304/03/2007
所有数6,27917,786
1 Year4.14%10.55%
3 year4.98%5.77%
5 Year4.43%4.51%
平均デュレーション8.43年6.45年

引用: Charles Schwabより抜粋(8月5日時点のデータを使用)

 

BNDの方が、費用も安く、運用額も大きく、シャープレシオも高く、直近のパフォーマンスも良い結果となっています。

BNDXが販売された2013年からの値動きを比較してみますと、BNDXの方が良い結果に見えます。

しかしながら、上記表にもある通り、比較する期間によってはBNDの方が良いパフォーマンスを示しています。

引用: Charles Schwabより抜粋(8月5日時点のデータを使用)

 

まとめ

今回の記事では、グローバルに投資ができる総合債券ETFについて紹介しました。

BNDXとIAGGもどちらも、米国総合債券と比較しても引けを取らないくらい、良いリターンを示しています。

費用も安く、配当利回りもそこそこ良いので、今月から早速投資して行きたいと思います。

 

以上です。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Coz

30代前半でアッパーマス層へ。 堅実な貯金と投資で富裕層になることが目標。 旧帝大院卒のメーカー開発マン。

-投資

© 2021 サラリーマンブログ Powered by AFFINGER5