アメリカ生活 節約・家計

【給料公開】アメリカ駐在員の給料はいくら【手当込みで2000万円以上】

こんにちは。

2019年度に純資産額が3000万円を超え、アッパーマス層の一員となることができました。

20代はたくさんお金を使っていましたので、純資産額としては28歳までマイナスでした

そんな私でも、たったの数年で投資をせずにアッパーマス層になれたのには、間違いなく海外赴任のおかげです。

それでは、海外駐在員のリアルガチな給料事情を公開したいと思います。

結論

駐在員のリアルガチな給料事情

補助なし計算: 手取り900万弱、額面1250万

補助あり計算: 手取り1400万、額面2200万

 

貰える給料と手当一覧

日本口座

  • 基本給料
  • ボーナス(年2回)
  • 残業みなし手当
  • 海外赴任手当

米国口座

  • 基本給料
  • 自動車手当
  • 家賃補助
  • 帯同手当

 

私のスペックは以下の通りです。

私のスペック

会社: 一部上場メーカー

役職: 主任

勤続年数:11年

学歴:旧帝院卒

家族:妻1人、子1人

日本在籍時の額面年収:700万弱*

*アメリカに来てから昇進しましたので、今ではもう少し貰えると思います。

 

駐在員のお給料詳細 (補助なし)

手取り年収(補助なし)

手取り合計=884万円

日本口座 =620万円

  • 基本給料+残業みなし+海外赴任手当=35万円/月=420万円 /年
  • ボーナス=200万円/年

米国口座 =264万円

  • 基本給料=22万円/月=264万円 /年

 

日本の口座には、基本給料と残業みなし、海外赴任手当の合計として約35万円が振り込まれ、6月と12月にはボーナスが振り込まれます。

ですので日本の口座には、合計で年間620万円振り込まれます。

一方、アメリカの口座には、お給料として頂いているのは、月々2000ドルくらいですので、日本円に換算すると約22万円です。

アメリカの口座には、年間で264万円振り込まれます。

合計で884万円手取りで頂いています

日本の税法上だと、年収は1250万円程度と凡そ見積もることができます。

(簡易計算のため、独身(配偶者、扶養親族なし)で計算しています。)

思いのほか、少ないと思われたかもしれませんが、海外駐在員のお給料が凄いと言われる所以は、現地で支給される手当にあります。

 

 

 

駐在員のお給料詳細 (補助あり)

手取り年収(補助あり)

手取り合計=1412万円

日本口座 =620万円

  • 基本給料=35万円/月=420万円 /年
  • ボーナス=200万円/年

米国口座 =792万円

  • 基本給料=22万円/月=264万円 /年
  • 手当合計=44万円/月=528万円/年

 

私の会社では、家族帯同で赴任されている方は、住宅手当と帯同手当と自動車手当で約4000ドル(1ドル=110円換算で、44万円)上乗せされます。

すると、アメリカで頂ける給料の年間手取りが792万円となり、日米合算すると手取りで約1400万円支給されることになります。

先ほどと同様の計算で、年収を概算すると約2200万円となります。

 

 

 

年収2000万円以上稼げる職種は?

日本で2000万円以上稼ぐには、以下のような業種があるそうです(経営者やスポーツ選手などは除く)。

  • 国会議員 約2200万円 (年1200万円の文書通信交通滞在費を除く)
  • キーエンス: 約2110万円 (2019年有価証券報告書第50期参照)
  • マッキンゼーやベインキャピタルなどの外資系コンサル(MBAやPhD取得をしている場合: 約2000万〜2500万円 (海外年収サイト参照)
  • 開業医: 約2500万円 (医療経済実態調査報告(平成21年6月実施)参照)

など、かなり限られた職業の人のみが達成できる領域です。

巷の噂では、総合商社の海外駐在員は3000万円とも4000万円とも言われています。。。。

 

まとめ

かなり赤裸々に私の給料事情を紹介いたしました。

企業によっては、住宅手当をもっと充実させていたり、語学手当などもあります。

お給料以外にも、日常業務はめちゃめちゃ大変です(少なくとも開発職は)。

それでも、海外駐在はサラリーマンが経済的に豊かになれる千載一遇のチャンスだと思います。

 

併せて以下の記事を一読いただければ幸いです。

駐在員に選ばれるために必要な3つの事【アッパーマス層への近道】

続きを見る

海外駐在すると家は建つ?【貯金はいくら貯まるのか】

続きを見る

アメリカ駐在の3つのメリットとデメリット

続きを見る

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

米山ゆたか

30代前半でアッパーマス層達成し、30代半ばで準富裕層達成。 旧帝大院卒のメーカー開発マン。

-アメリカ生活, 節約・家計

© 2021 サラリーマンブログ Powered by AFFINGER5