投資

新興国株ETFを比較【VWO, IEMG, EEM, SCHE】

こんにちは、Cozです。

今回の記事では新興国株ETFについてまとめました。

こんな方におすすめ

  • 新興国株ETFのことが知りたい方

この記事のまとめ

  • ETFのパフォーマンスは高くない
  • 配当利回りは比較的高い
  • 組み入れの大半はアジア

VWO, IEMG, EEM, SCHEは何が違う?

シンボルVWOIEMGEEMSCHE
会社バンガードブラックロックブラックロックチャールズシュワブ
費用0.10%0.13%0.68%0.11%
配当利回り3.87%3.83%3.35%3.95%
運用額$52.0B$46.9B$21.0B$5.6B
開始日03/04/200510/18/201204/07/200301/14/2010
所有数4,1802,5061,2631,419
1年リターン-13.80%-14.64%-14.18%-14.16%
3年リターン-0.79%-0.85%-0.65%-0.44%
5年リターン-1.06%-0.84%-0.91%-0.70%
10年リターン1.11%--0.70%1.22%

*2020年6月2日時点でのデータを使用。

 

引用: Charles Schwabより抜粋(6月2日時点のデータを使用)

 

ほぼ同じパフォーマンスです。

10年間でほとんど値上がりはしておらず、S&P500インデックスETFと比較すと物足りなく感じてしまいます。

配当利回りは、いずれも3%を超えており、高配当ETFのVYMと同等程度です。

手数料費用に関して、EEMは0.68%と結構高いですが、VWO, IEMG, SCHEは0.1%前後程度となっています。

VWOが最も運用額が多くなっています。

 

 

組み入れ銘柄の違いについて

 

金融と一般消費財、ITがおおよそ上位3つを占めています。

セクター間で若干の違いはありますが、傾向はほぼ同じです。

 

構成比率 TOP 3 (セクター毎)

  1. 金融
  2. 一般消費財
  3. IT

 

引用: Charles Schwabより抜粋(6月2日時点のデータを使用)

 

アジア市場が組み入れ比率の大半を占めています。

ちなみに凡例に日本の名前がありますが、組み入れ比率は0%です。

引用: Charles Schwabより抜粋(6月2日時点のデータを使用)

 

「新興国」ってどこのこと?

An emerging market economy is the economy of a developing nation that is becoming more engaged with global markets as it grows.

(訳:新興市場経済とは、発展途上国の経済で、成長に伴いグローバル市場との関わりを強めている国の経済のこと。)

引用: Emerging Market Economy

 

2020年5月29日時点での、FTSE 新興国インデックスの構成比率は以下の通り、約半分が中国です。

次いで台湾、インド、ブラジルといずれもIT関連が強い企業が揃っている国が上位を占めています。

引用: FTSE Emerging - FTSE Russell Research Portal

 

まとめ

トータルリターンとしては、S&P500インデックスETFと比較すると物足りなさは感じます。

ただし、比較的低めの費用で高い配当金を得られますので、ポートフォリオの一部に組み入れても面白いかもしれません。

ETFを調べて、こうして記事を書いていますと、だんだん購入したくなる意欲が強くなってしまいます。。。

 

以上です。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Coz

30代前半でアッパーマス層へ。 堅実な貯金と投資で富裕層になることが目標。 旧帝大院卒のメーカー開発マン。

-投資

© 2021 サラリーマンブログ Powered by AFFINGER5