投資

S&P500ETFを比較【VOO, IVV, SPY, SPLG】

こんにちは、Cozです。

今回の記事では、米国株式の中で最も重要な指標の一つであるS&P500に連動するETFを紹介します。

この記事でピックアップしたのは、VOOとIVV, SPY, SPLGの4つです。

インデックス投資をされている方の多くの方は、上記のうちいずれかは保有しているのでは無いでしょうか?

こんな方におすすめ

  • S&P500ETFのことが知りたい方

この記事のまとめ

  • パフォーマンスに違いはなし。
  • 手数料が安いのは、VOOとSPLG。

VOOとIVV, SPY, SPLGは何が違う?

シンボルVOOIVVSPYSPLG
会社バンガードブラックロックステートストリートステートストリート
費用0.03%0.04%0.09%0.03%
利回り1.98%2.34%1.99%2.34%
配当スケジュール4半期4半期4半期4半期
運用額443.75 B$162.3B$$261.7B$3.8B
開始日2010年9月7日2000年5月15日1993年1月22日2005年11月8日
1年リターン0.84%0.74%0.84%0.79%
3年リターン9.01%8.97%8.97%9.06%
5年リターン9.08%9.05%9.03%8.94%
10年リターン--11.61%11.59%11.58%

*2020年5月28日時点でのデータを使用。

上記しましたように、パフォーマンスは全く同じです。

IVVとSPLGの方が若干配当金利回りは高くなっています

いずれのETFも配当は3ヶ月に1度もらえます。

引用: Charles Schwabより抜粋(5月28日時点のデータを使用)

 

組み入れ銘柄の違いについて

各ETF間での、セクター毎の構成比率に違いは全くありません

引用: Charles Schwabより抜粋(5月28日時点のデータを使用)

 

構成比率 TOP 3 (セクター毎)

  1. IT関連 (25.7%)
  2. ヘルスケア (15.4%)
  3. 通信サービス(10.8%)

 

銘柄の割合もほとんど同じであり、誤差レベルです。

 VOOIVVSPYSPLG
Microsoft Corp5.67%5.55%5.56%5.56%
Apple Inc5.09%5.30%5.31%5.31%
Amazon.com Inc4.27%4.04%4.05%4.05%
Facebook Inc A2.04%2.24%2.24%2.24%
Alphabet Inc Class C1.67%1.71%1.71%1.71%
Alphabet Inc A1.67%1.70%1.70%1.70%
Johnson & Johnson1.64%1.53%1.53%1.53%
Berkshire Hathaway Inc B1.48%1.41%1.42%1.42%
Visa Inc Class A1.26%1.33%1.33%1.33%
Procter & Gamble Co1.22%1.21%1.21%1.21%
Top10構成比率26.01%26.02%26.06%26.06%

引用: Charles Schwabより抜粋(5月28日時点のデータを使用)

 

SPYとSPLGの違いは?

どちらもステートストリートから販売されており、構成銘柄もパフォーマンスも全く同じです。

大きな違いといえば下記3点でしょうか。

 

SPYとSPLGの違い

  • 1株あたり価格がSPLGの方が安い。
  • 手数料がSPLGの方が安い。
  • SPYの方が運用額が大きい。

 

ボリュームさえ気にしなければ、SPLGの方がメリットは多そうですね。

5月28日時点で、SPYは1株当たり300ドル程度に対して、SPLGは35.73ドルSPLGは35.73ドルとなっています。

手数料を安く抑えることができますし、SPLGの方が少額から積み立てることができるのはありがたいですね。

 

モーニングスターの記事にも、詳細記事が掲載されていますので、興味のある方は一読いただきたく思います。

ステートのETF「SPLG」がベンチマーク変更、S&P500連動でコスト最安に

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Coz

30代前半でアッパーマス層へ。 堅実な貯金と投資で富裕層になることが目標。 旧帝大院卒のメーカー開発マン。

-投資

© 2021 サラリーマンブログ Powered by AFFINGER5