ゴルフ 台湾生活

『台湾ゴルフ』-左営海軍ゴルフ場への行き方-

2020年3月某日、台湾は高雄の知る人ぞ知る"海軍基地内"のゴルフ場へ行ってきました。

高雄には海軍の基地があり、なんと、その敷地内にゴルフ場があるのです。

約2年振りにやってきました。

敷地内に入る時は軍隊さんが出迎え、、、と言うかめっちゃいかついガチの銃を持って警戒しています。。。

流石にふざけられません。。。

初めて行った時は、いつものノリで「台湾だし、行けるやろ!」と思って、場所を聞こうと一歩踏み出した途端、銃口を向けられました(右足が敷地に入っていたらしい、、、)、、、ちびるかと思った。。。

お分かりのように、勿論軍隊基地内のゴルフ場なので、色々と手続きなどが大変なのです。

入り方が難しく、日本語でしっかりと説明している記事がないので、今日はどうやったら遊べるのかについて細かく説明していきます。

『台湾ゴルフ』-高雄練習場リスト-

『台湾ゴルフ』-台湾南部(高雄・台南)ゴルフ場リスト-

一般人でも入れるの?

結論から言うと入れます。

ただし、まずは基地敷地内に入る為に、ちょっとした手続きが必要となります。

パスポートもしくは居留証の提示が必要

身分証明証が必要となりますので、対部分の日本人はパスポートもしくは居留証を提示すれば問題ありません。

もしくは、かなりのレアケースだと思いますが、海軍隊の上層部に知り合いのいる方は、その方から"招待状"と言うか、許可証のようなものを貰えば、それを提示することで敷地に入ることができるそうです(殆どの方には関係ありませんね)。

 

どこにあるの?どうやって行くの?(重要)

実はこれが一番大変です!

と言うのは、敷地への入口は山ほどあるのですが、我々一般人が入れる所は一つしかないからです。

しかも分かりにくいし、タクシーの運転手さんも知らないことが多い(私の場合0/2でした)、ましてや現地の台湾人ですら知っている人は多くありません。

では何処から入れば良いのか!?

答えはココ!!

介寿路 x 中正路

介寿路と中正路の交差点へ向かってください(中正路は高雄で有名な大通りに同じ名前の通りがありますが、そちらではないので気をつけてください)

交差点に行くと写真のような門があります。

白い門が二つあるので、右側の門へ行きましょう。

恐らく写真に写っているような兵隊さんが質問をしに来ます(左側の門に行っても、右側へ行くように案内されます)。

右側の入口を進むと左手に小さな建物があります。

こちらに案内されるので、ここで手続きをしましょう。

尚、タクシーの付き添いもここまでなので、タクシーで来た場合は荷物などはココで全て下ろしてお金も払ってしまいましょう。

 

どんな手続きが必要?

手続きはそれ程難しくはありません。

前述もしたように、パスポートもしくは居留証などの身分証明証などは必ず忘れずに持っていきましょう。

建物に入ると、手続きの用紙を渡されるので、そこに「入場者の名前」「代表者の電話番号」「代表者の住所」を記入します。

同じ内容を3箇所に記載するので、少し面倒ですが、銃口を向けられたくなければ大人しく記入しましょう。

記入し終わると、記入用紙の1/3を切られてその場で受付のおばさんに渡します。

すると、車を持たない方のために、敷地内に入れるバス(先日はLUXGENの新し目の車でした)を呼んでくれて、ゴルフ場まで送ってくれます。

*LUXGENのバス内装

 

ちなみに、乗ってきたタクシーでは敷地内へは入れません。

あとはタクシーの運転手さんに記入用紙の1/3を渡してゴルフ場まで送ってもらいます。

最後の一枚は、帰りのバスに乗る際に運転手に渡します(帰りは無くしても問題ないですが)。

5分もかからない内にゴルフ場に到着します。

 

コースの特徴は?

コース自体は9つしかありませんので、同じコースを2周することになります。

PAR3x3、PAR4x4、PAR5x2、でPAR70のコースです。

予想以上に管理がされていて綺麗で、コース自体はかなり平坦でラフも刈ってある(と言うかほぼ無い)ので、その辺りの難しさは低いかもしれません。

しかし、グリーンは速く砲台が多いので、高い球かスピンの効いた球でないとパーオンすることは至難の業です。

また、全体的に距離もあるので、2打目をショートアイアンで打てる機会が中々ないもの攻略を難しくしています。

PARが3つあるのですが、一つは220Yard以上のショートで風も強いので、アゲインストが強い日は、人によってはドライバーで打っても届くか怪しい方もいるかもしれません。

*220YARD越えのPAR3

 

ティショットで距離を稼いで、2打目以降をショートアイアンで高い為で、もしくはスピンをかけて攻めていけなければ、想像以上に叩いてしまうことも往々にあります。

周りに経験者が少ないのでサンプルが少ないですが、回られた方から話を聞くと、「見た目以上に難しい」と言うのをよく聞きます。

ちなみに、Visitorの方は18ホール全て"歩き"となりますので、体調は整えていきましょう。

 

料金とコスパは?

料金はゲーム代、キャディフィ全部含めて、土日でも2,500元以下で遊べます。

高雄近辺のゴルフ場の相場が3,500元前後であることを考えると料金は低めです。

人が乗れるカートが無いこと、同じコースを2周回ること、PAR70であること、に加え、クラブハウスも古めですので、2,500元自体は相対的には安いですが、"コスパ"と言う意味では妥当か、人によっては高い、と思う方もいるかもしれません。

*クラブハウスの外観

*クラブハウス入口

*クラブハウス内ロッカー(右がメンバー、左がビジター)

 

ただし、コースは非常によく整備されていますし面白いので、意外と根強いファンがいるのも確か。

私個人の感想としては、ゴルフ自体は非常に満足できるレベルで、コスパという面では妥当かなというレベルでした。

ゴルフ場に到着するまでが大変ですが、ゴルフファンなら一度は行って見たい高雄の"秘境"ですね!!!

 

 

話のネタにもなるので、「最近この辺りのゴルフ場は行き飽きたなー」という方は是非ともお試しあれ!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

SANSAN

旧帝大卒IQ130のクアドリンガル。 酒と女とギャンブルに溺れる典型的なダメ人間。

-ゴルフ, 台湾生活

© 2021 サラリーマンブログ Powered by AFFINGER5