台湾生活 夜遊び

『台湾のクラブ』-高雄のクラブならLAMP / MUSE / BRICKYARD-

どうも、僕です。

今日は高雄のクラブ(こちらでは、ナイトクラブと言います)をいくつかご紹介。

正直、日本のクラブと比較すると小規模でクオリティも低めではありますが、日中見ない美少女達がセクシーな格好でダンスをしているので、それだけでも価値があります。

 

Lamp

・総合評価: ★★★★☆

・場所: 高雄市苓雅區自強三路42號

・料金: 男性600元(女性は半額) *ドリンク飲み放題ですが有料のものもあります

・客層:

10大後半〜20大半ばがメイン、30台はちらほや、40台以上も稀にいる。

女性比率は50%以上、外人比率は5%程度。

・音楽:

日本のクラブをイメージされている方は、音楽としてはここが一番イメージに近いと思います。

ただし、誰でも知っているようなPOPな音楽が流れ出すのは、24時を回ってからになります、それまではじっと我慢、、、。

・纏め:

高雄の老舗店ですが、汚さはなく綺麗に保たれています。

フロアは大部屋が一部屋のみで、各所にVIP席が計10席ほど配置されています(予約をしたい方はご連絡下さい、無料で代行致します)。

24時頃からDJが変わりポップな感じになります、ステージにエロエロなダンサーも出てくる、私も真下からいつも見上げています、、、。

24時前後になると入店前の客が長蛇の列をなして、30分以上の待ち時間になる為、23時前に入っておくのがベターです。

 

MUSE

*夜は写真中央部分が地下に繋がる扉になり、お客さんが列をなしているので簡単に気づきます

・総合評価: ★★★☆☆

・場所: 高雄市苓雅區四維四路10號B1

・料金: 600元 *女性料金と飲み物については上のLampと同じ扱い

・客層:

Lampと似ていますが、こちらの方が、気持ち年齢層高めのイメージ。

と言ってもやはり20代が多いですね。

そんなこともあってか、Lampよりは少しだけ上品な印象を受けます。

ステージ前でワイワイやりやすいのはLamp、よりシックに大人の味を出せるのはMUSEかもしれません。

・音楽:

DJオリジナル感マックスの曲(?)がひたすら流れ続けます、あまりPOPな感じの音楽は頻繁には流れません。

音楽を聴きながら楽しむには独特な感性が必要になります、、、。

・纏め:

高雄ではLampかMUSEかというくらいの有名店。

若くて可愛い子も多く、料金も安いのですが、やはり大きな欠点は音楽

Youtubeあたりを延々と流してもらった方が楽しめそうなんですが、、、。

音楽はそれほど気にしない、少し大人な雰囲気が良い、という方はこちらへ。

 

 

BRICKYARD

*こちらも夜になると、写真中央左部あたりに地下へと続く扉が現れて受け付けを始めるので、すぐに発見できます

 

・総合評価: ★★★☆☆

・場所: 高雄市前金區中山二路507號B1樓

・料金: 300元(女性は半額)*飲み物代は別途かかります

・客層:

外人比率50%以上!!

全体的にレゲエ感を感じる。

・音楽:

客層は明らかにレゲエ、ですが、音楽はPOPなものから、ロックまで様々。

DJではなく、生演奏です。

・纏め:

クラブというよりはライブハウス的な感じ。

広さはなく、LampやMUSEの1/3もないくらい。

中には、ビリヤードの娯楽もあります(整備なんて勿論されてません)。

とにかく外人が多く(欧米人、アフリカ系、そして日本人*日本人は限りなく少ないです)、異文化の交流場所のような立ち位置かな。

そういうのが好きそうな台湾人が集まっている雰囲気。

敢えて上品さを消して、少しラフな感じ、軽くカオスな感じに仕上げてます。

上品さはないので、好みがハッキリと別れるクラブかな、という感じ。

 

 

他にもありますが、高雄でクラブといえば上の3つ。

ちなみに、台湾女性、少なくとも高雄の女性は、多くが大人数の友人連れでやってきます。

ナンパ簡単そうに見えて意外と硬派で、最後まではいけないことが多いです。

私の知っている後輩は超可愛い子連れ帰って3Pしてましたが。

男前なら問題ないということでしょう。

皆さんも是非一度足を運んで、台湾素人小姐にチャレンジしてみてください!!

 

では今日はこの辺で。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-台湾生活, 夜遊び

© 2021 サラリーマンブログ Powered by AFFINGER5