投資

マリファナ(大麻)に投資できるETFを比較【YOLO, CNBS, THCX】

こんにちは、Cozです。

日本の芸能界ではちょくちょく大麻で逮捕される人がニュースに上がっていますが、アメリカでは少しずつ合法化されていってます。

医療用のみならず、嗜好品としても注目を集めており、投資としての可能性も注目されています。

ちなみに、ラッパーのジェイZも大麻(カンナビス)のスタートアップに投資を行うファンドを作っているとのことです。

 

*本記事は、マリファナの使用を勧める意図で書かれてはいません。

こんな方におすすめ

  • マリファナに投資できるETF(YOLO, CNBS, THCX)が知りたい方

この記事のまとめ

  • 手数料は0.7%程度以上と、少し高めの水準
  • 北米への投資が大部分

2021年1月20日現在、日本の証券会社では取り扱っていないようです。

マリファナ関連の個別株については、【日本&アメリカでの大麻/CBD株投資のはじめ方】銘柄選びのポイントで詳しく、わかりやすく書かれているのでご参照ください。

 

*投資は自己責任でお願いします。

YOLO, CNBS, THCXは何が違う?

シンボルYOLOCNBSTHCX
費用0.75%0.75%0.70%
分配金利回り2.02%0.58%3.59%
分配スケジュール四半期年一回年一回
資産額$158.8M$26.1M$48.4M
設定日04/17/201907/15/201907/09/2019
保有銘柄数562428
1ヶ月リターン0.57%-4.81%-7.73%
3ヶ月リターン58.77%56.02%51.37%
6ヶ月リターン68.19%60.11%33.05%
1年リターン47.01%31.97%4.24%

引用: Charles Schwabのデータを加工して使用(2021年1月15日時点)

概要

  • いずれのETFも設立から1年半ほどしかたっていませんが、ここ数ヶ月から1年のリターンはかなり大きいことがわかります。
  • 資産額はまだ大きいという規模ではなく、手数料もVOOなどのETFと比較するとかなり高いです。
  • YOLOとCNBSはアクティブ運用しており、THCXはパッシブ運用となっています。

 

セグメント別構成比率

いずれのETFも、投資先の半分近くはヘルスケアに分類されるセグメントに投資を行なっています。

次いで一般消費財と生活必需品のセグメントの構成比率が大きくなっています。

 

投資国別構成比率

北米(アメリカとカナダ)の会社へ90%近く投資を行なっています。

あとはイギリスが5~10%程度含まれており、コロンビアとイスラエルがほんの少しだけ含まれています。

 

YOLO

YOLOの概要は以下の通りです。

アドバイザーシェアーズ・ピュアカンナビスETF(ティッカー:YOLO)は、米国で初めて大麻投資専用のマンデートを設けたアクティブ運用型ETFとなりました。アドバイザーシェアーズ・ピュア・カンナビスETF(YOLO)は、国内外の大麻株式に投資することで、長期的な資本増強を目指しています。YOLOは、新興の大麻市場をナビゲートする経験豊富なポートフォリオ・マネジメント・チームの指導の下、純粋な大麻エクスポージャーに完全に投資するように設計されています。

本文: The AdvisorShares Pure Cannabis ETF (Ticker: YOLO) became the first actively managed ETF with a dedicated cannabis investment mandate domiciled in the United States. The AdvisorShares Pure Cannabis ETF, or YOLO, seeks long-term capital appreciation by investing in both domestic and foreign cannabis equity securities. YOLO is designed to fully-invest for pure cannabis exposure under the guidance of a deeply experienced portfolio management team navigating the emerging cannabis marketplace.

引用: (YOLO) ADVISORSHARES PURE CANNABIS ETF

保有割合のトップ10は以下の通りです。

企業名(英語)シンボル保有割合
Village Farms International IncVFF9.61%
Innovative Industrial Properties Inc Registered ShsIIPR8.42%
Swap on Green Thumb Industries Inc---7.58%
Swap on Curaleaf Holdings Inc---7.15%
Swap on Trulieve Cannabis Corp Ordinary Shares---6.17%
GW Pharmaceuticals PLC ADRGWPRF5.37%
GrowGeneration CorpGRWG5.22%

 

CNBS

CNBSの概要は以下の通りです。

CNBSは、急速に発展している世界の大麻産業に投資するETFです。このファンドは、大麻業界で認められた声と経験豊富な投資家であるティム・シーモアが運用しています。

本文: CNBS is an ETF investing in the fast-developing global cannabis industry. The Fund is managed by Tim Seymour, a recognized voice and experienced investor in the cannabis space.

Amplify Seymour Cannabis E

保有割合のトップ10は以下の通りです。

企業名(英語)シンボル保有割合
Village Farms International IncVFF10.85%
GrowGeneration CorpGRWG10.80%
Canopy Growth CorpCGC10.77%
Aphria IncAPHA9.40%
GW Pharmaceuticals PLC ADRGWPRF9.16%
Innovative Industrial Properties Inc Registered ShsIIPR6.90%
Hydrofarm Holdings Group Inc Ordinary SharesHYFM6.70%
Silver Spike Acquisition CorpSSPK5.44%
Canopy Rivers IncCNPOF5.17%
Cronos Group IncCRON5.14%

 

THCX

THCXの概要は以下の通りです。

大麻は、良好な規制動向、使用例の増加、一般の人々の受け入れの増加に支えられ、現在最も急速に成長している投資テーマの一つです。THCXは、大麻や合法的な大麻産業の成長から利益を得ることが期待される銘柄に投資することで、大麻への投資をより簡単にすることを目的としています。

本文: Supported by favorable regulatory trends, increasing use cases and growing public acceptance, cannabis is one of the fastest growing current investment themes. To put the opportunity into perspective, the global cannabis market is estimated to reach $630 billion by 2040 up from $12 billion today.* THCX was constructed to make investing in cannabis easier by helping investors get exposure to a basket of stocks that are expected to benefit from growth of the hemp and legal marijuana industries.

Introducing THCX: the pure-play ETF solution for investing in cannabis.

保有割合のトップ10は以下の通りです。

企業名(英語)シンボル保有割合
GrowGeneration CorpGRWG9.22%
Village Farms International IncVFF7.07%
Canopy Growth CorpCGC6.54%
Aphria IncAPHA6.41%
Cronos Group IncCRON5.67%
GW Pharmaceuticals PLC ADRGWPRF5.41%
The Scotts Miracle Gro Co ASMG5.01%
Tilray IncTLRY4.83%
Amyris IncAMRS4.80%
Fire & Flower Holdings Corp Ordinary SharesFFLWF3.77%

 

マリファナについて簡単に説明

マリファナ(Marijuana)は、大麻やカンナビス(Cannabis)とも呼ばれます。

何に使われるの?

大きく、嗜好用と医療用に使用されます。

違法なの?

アメリカでは州によって法律が異なります。

完全合法化、医療用/非犯罪化、医療用、非犯罪化、完全違法の5つの区分に分けれられています。

2021年1月現在、アメリカでは15州と1つの地域で完全合法化とされています。

  1. アラスカ州
  2. ワシントン州
  3. オレゴン州
  4. カリフォルニア州
  5. ネバダ州
  6. アリゾナ州
  7. モンタナ州
  8. コロラド州
  9. サウスダコタ州
  10. ミシガン州
  11. イリノイ州
  12. ワシントンDC
  13. ニュージャージー州
  14. マサチューセッツ州
  15. バーモント州
  16. メイン州

 

引用: Map of Marijuana Legality by State

 

以上です。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Coz

30代前半でアッパーマス層へ。 堅実な貯金と投資で富裕層になることが目標。 旧帝大院卒のメーカー開発マン。

-投資

© 2021 サラリーマンブログ Powered by AFFINGER5