投資

QQQよりも高リターンなETF?【VGT、VOOG、QQQ】

こんにちは、Cozです。

私は負けない投資を目指していますので、株以外にも債券や金に分散して投資をしています。

人生が変わるほどの大きなリターンは見込めませんので、

大勝ちできるETFってないのかな?

とふと思い、今回リターンの大きい成長株ETFについて調べました。

こんな方におすすめ

  • 成長株ETFのことが知りたい方

この記事のまとめ

  • VGTとQQQの10年間のパフォーマンスは18%以上であり、非常に高い
  • 配当利回りは2%程度以下であまり高くない

 

今回紹介する高リターンETFを簡単に説明

テクノロジー株の構成割合が非常に大きいETFです。

コロナ禍で旅行業や製造業、飲食業なども非常に多くの業種が影響を受けている中で、唯一業績を伸ばし続けているのがテック系の業種です。

今後働き方が変わり技術が発展しく中で、今後の伸びが最も期待される分野だと思われます。

 

VGTとVOOG、QQQは何が違う

シンボルVGTVOOGQQQ
製品名Vanguard Information Technology Index Fund ETF SharesVanguard S&P 500 Growth Index Fund ETF SharesInvesco QQQ Trust
カテゴリーTechnologyLarge GrowthLarge Growth
会社バンガードバンガードインベスコ
費用0.10%0.10%0.20%
利回り1.14%1.22%0.69%
配当スケジュール四半期毎四半期毎四半期毎
運用額$29.9B$3.6B$109.5B
開始日01/26/200409/07/201003/10/1999
1年リターン36.02%19.80%35.30%
3年リターン23.14%14.83%19.23%
5年リターン20.32%13.08%17.32%
10年リターン18.66%--18.96%
保有数338278104

*2020年6月22日時点でのデータを使用。

 

それぞれのETFを一言で説明

  • VGT: 情報セクターのみを構成銘柄に入れいてるETF
  • VOOG: S&P 500の中で成長分野をメインに入れているETF
  • QQQ: NASDAQ100に連動するETF

VGTとVOOGは、費用が0.10%と比較的低めですが、QQQは0.20%となっています。

配当利回りは1%前後程度ですので、あまり高いとは言えません

ここVGTとQQQに関して、この1年のリターンは30%を超えており、非常に良いパフォーマンスを示しています

 

10年間の値動きをを見てますと、VGTとQQQは約4倍に資産を増やしています

VOOGも2.5倍程度になっており、いずれもS&P500に連動するVOOを大きく上まったパフォーマンスを示しています。

 

 

5年間リターンで比較してみますと、VGTの方がQQQを上回っています

テック系企業の伸びが明らかにETFの価格を牽引していますね。

引用: Charles Schwabより抜粋(6月22日時点のデータを使用)

 

 

 

組み入れ銘柄の違いについて

VGTの構成銘柄は、IT系企業が100%を占めています。

QQQ約半分がIT系企業で構成されていますが、通信サービスや一般消費財も組み込まれています。

VOOGは、IT系企業の構成割合は更に減り、ヘルスケアや資本財の割合が増えています

引用: Charles Schwabより抜粋(6月22日時点のデータを加工して使用)

 

各ETFの構成銘柄トップ10

VGT

アップルとマイクロソフトで3分の1ほどを占められています。

IT系企業と言ってはいますが、ビザやマスタカードなどのクレジットカード会社も構成に含まれています。

VOOG

VOOGの構成銘柄は、GAFAMが上位を占めています

テック系企業以外ではホームデポ(カーマのようなホームセンター)がトップ10に食い込んでいます。

QQQ

QQQに関してもGAFAMが構成銘柄の上位を独占しており、3分の1以上を占めています

上位10社のテック系企業だけで半分以上を構成しています。

 

以上です。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Coz

30代前半でアッパーマス層へ。 堅実な貯金と投資で富裕層になることが目標。 旧帝大院卒のメーカー開発マン。

-投資

© 2021 サラリーマンブログ Powered by AFFINGER5