アメリカ生活

フロリダオーランド旅行記①【ディズニーとユニバの比較】

4月の終わりからフロリダオーランドへ旅行に行きました。

今回訪れたのはディズニーワールドリゾートユニバーサルオーランドリゾートです。

私は生まれてから30数年間、こういったテーマパークにほとんど行ったことがなく、しっかり遊んだのは今回が初めてでした。

「そんなん当たり前だよ」ってことばかりかもしれませんが、今回の旅で感じたことを以下述べていきたいと思います。

 

こんな方におすすめ

  • ディズニー・ワールド・リゾートとユニバーサル・オーランド・リゾートの比較が知りたい方

ディズニーワールドリゾートとユニバーサルオーランドリゾートについて

ディズニーワールドリゾート(Disney World Resort)

ディズニー・ワールド・リゾート(以下ディズニー)は、4つのテーマパークから成っています。

  1. マジックキングダム (Magic Kingdom)
  2. ハリウッドスタジオ (Hollywood Studio)
  3. アニマルキングダム (Animal Kingdom)
  4. エプコット (EPCOT)

ユニバーサルオーランドリゾート (Universal Orland Resort)

ユニバーサル・オーランド・リゾート(以下ユニバ)は、ハリウッド映画の世界観を体験できる施設となっており、以下2つのテーマパークから成っています。

  • ユニバーサルスタジオフロリダ(Universal Studio Florida)
  • ユニバーサルズアイランドオブアドベンチャー (Universal's Island of Adventure)

二つのテーマパークは、ハリーポッターに出てくるホグワーツ特急をモチーフとした電車で行き来できるようになっています。

ディズニーとユニバーサルスタジオの違いと共通して言えること

どちらも非常に楽しいテーマパークでしたが、狙っている客層が違うことは明らかでした。

ディズニーが狙っているのは、(子連れ)家族とカップル、若い女性が雰囲気を楽しむことを主観においており、ユニバはどちらかという大人や男性がライドを楽しむことを主観においているように感じました。

後述しますが、ディズニーはあらゆる面で世界観の完全性を追求しているのに対して、ユニバはどちらかというとライドや食事面の質を重視しているからです。

ただし、最近できたハリーポッターのエリアは、ロンドンの街中+ハリーポッターの世界を見事に再現しており、ディズニーの戦略を参考にしようとしているところも見て取れます。

共通して言えることは、これからのアトラクションは3D(あるいは4D)が中心となっていき、そうなってくるとディズニーの方が益々発展してきそうな気がします。

色々乗りましたが、結局一番満足度が高いのは最新鋭のテクノロジーを搭載した3Dライドでした。

特に今回乗ったアバターに関しては、ライドに乗るまでのストーリー、画質、五感で体験できる機械など、もはや現実を凌駕していると言っても過言ではありませんでした。

これまでは、五感で楽しむにはジェットコースターやフリーフォールのような大型な設備が必要でした。

このような設備では、安全性の確保のために点検なども大変でしょうし、場所も取る上に、老朽化が進んでもそう簡単には修理も改造もできません。

加えて、所謂スリルライドを楽しむのであれば、シックスフラッグスのようなテーマパークはありますし(日本でいう富士急ハイランド的なもの)、わざわざディズニーやユニバが追求するところではありません。

一方、3Dライドではあたかも自分がその映画の中にいるような感じになるくらい、クオリティが上がっています。

となれば世界観を重視しているディズニーとは非常に相性が良いことが考えられます。

 

ディズニーとユニバの比較

テーマパークの世界観と規模、空き具合、アトラクションの質、食事面、利便性の6点についてディズニーとユニバで比較しました。

大人の目線から判断しますと、やはりユニバーサルオーランドリゾートの方が全体的な満足度は高かったです。

比較項目

勝者

世界観

ディズニー

規模

ディズニー

空き具合

ユニバ

アトラクションの質

ユニバ

食事面

ユニバ

利便性

引き分け

世界観

各種テーマパークへの細部へのこだわりを見ますと、やはりディズニーの方がしっかりしています。

テーマパークの受付をしている人やアトラクションの誘導時の対応であったり、スタッフ全員がかなり訓練されており、「スタッフもアトラクションの一部」という印象を受けました。

また清掃も徹底しておりパーク内でほとんどゴミを見かけず(もちろんゴミ箱も溢れておらず)、トイレも綺麗に保たれていました。

アメリカでは本当に信じられない光景です。

ユニバのスタッフが劣っているという訳ではありませんが、やはりディズニーの方がプロフェッショナルであると言わざるを得ません。

また、それぞれのアトラクション自体もストーリーがしっかりしており、内容を知らなくても誰でも直感的にわかるような内容になっていました。

ただこの点は、多くの場合は子供でも楽しめるようになっていますので、少しチープに感じられるとも言い換えられるかもしれません。

規模

こテーマパークの数的にもアトラクションの数からしてもディズニーの方が圧倒的に規模感が大きいです。

ディズニーリゾートの総面積は27000エーカー(109平方キロメートル)と言われています1)

メインのテーマーパークだけでも以下のような大きさとなっており、合計すると東京ディズニーランドの9~10倍近くの大きさがあります。

  1. マジックキングダム: 107 エーカー
  2. ハリウッドスタジオ: 135 エーカー
  3. アニマルキングダム: 405エーカー
  4. EPCOT: 305 エーカー

他方、ユニーバーサルスタジオは総面積が1000エーカー程度2)となっており、ディズニーのテーマパークのみを足し合わせたくらいの規模です。

参考

  • 1エーカー = 4047平方メートル = 東京ドーム 11.5個分
  • 東京ディズニーランド = 105 エーカー

空き具合

明らかにユニバの方がライドの待ち時間が少なかったです。

人気が高いハリーポッターでも1日を通して30分待ち程度で乗ることができるくらいでしたし、トランスフォーマーに至っては全く待たずに乗ることができました。

ディズニーの中でも、最も人が少なかったEPCOTと比較しても、それでもユニバの方が空いていたと思います。

このおかげで、ユニバの場合はエクスプレスチケットを買わずとも、十分に色んなライドを楽しむことができました。

ちなみに、ディズニーでは、特にマジックキングダムにおいてはジーニープラス(Genie +)なしで楽しむのは中々厳しいのではないかと思うくらい、待ち時間が長かったです。(アニマルキングダムとハリウッドスタジオも買って良かったです。)

アトラクションの質

アトラクションの平均的な質を比較すると、ユニバの方が高かったと思います。

そもそもディズニーと比較して大人向けのライドが多く、また新しいアトラクションが多いので、このように感じたと思います。

特にマジックキングダムは比較的古いアトラクションが多く、子供でも楽しめるようになっていますので、ディズニーという世界観が無くなってしまうと地方の遊園地と変わらないようなものもしばしば見受けられます。

とはいえディズニーでもアバター3D (Avatar Fright of Passage)など最新のライドは、めちゃめちゃクオリティが高いものもあります。

成人してからゲームなどをしてこなかった為か、エンタメ業界とデジタル技術の親和性がこれ程取れている、そしてシフトしていっているということに気づけたのは大きな収穫でした。

食事面

正直どちらも値段の割に質は大したことはありませんが、どちらかというとユニバの方が良かったと思います。

ユニバの方が面積の割に店舗数が多く、若干ではありますが食事のバラエティも多かったり、バタービールなどの目玉商品もあります。

それにしても、コーラが1本5ドルもして、アイスが1本6ドルもかかるなんて信じられないくらい高かったです。

 

利便性

今回、ディズニー系列のホテル(Disney's All star resort)に泊まったこともあり、ディズニー側をかなり贔屓目に見ても、利便性の面では同等だと感じました。

その一番の理由は、ユニバのチャイルドスワップ(親が交代で乗れるやつ)が本当に良かったからです。

今回3歳の子連れで旅行したこともあり、子供が乗れないライドも多かったのですが、チャイルドスワップのおかげで夫婦で楽しむことができました。

ライドに乗る直前にファミリールーム(子供と片方の親の待機場所)が設置されており、非常に分かりやすく、またほぼ待ち時間ゼロで交代することもできました。

ディズニーの場合では、アバターの時に利用しましたが外で待機をする必要があり、結構な時間のロスにもなりましたし暑い外で待つのはかなりストレスになりました。

 

アクセスに関しては、ディズニー系列のホテルからのバスがたくさん出ており、バス停から入場ゲートまでも比較的近くストレスがかからない距離でした。

ユニバには、Uberを使用しましたが入場口までの距離が結構(歩いて10分くらい)あり、子連れでヘトヘトの体にはかなり大変でした。

 

アプリに関しては、どちらも同様に使い勝手に不満はなく、ライドの空き時間の確認やライトニングレーンやエクスプレスレーンなどの予約も簡単にでき、もちろん食事のオーダーも事前にできます。

*ちなみに、ディズニーはアプリの待ち時間表記より若干早く乗ることができ、ユニバはアプリに表記されている待ち時間より長く待つことが多かったように感じます。

 

以上

引用

1) How Big is Walt Disney World® Resort Compared to Disneyland?

2) Seven things you need to know when planning your Universal Orlando trip this fall

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

米山ゆたか

30代前半でアッパーマス層達成し、30代半ばで準富裕層達成。 旧帝大院卒のメーカー開発マン。

-アメリカ生活

© 2022 サラリーマンブログ Powered by AFFINGER5