投資 節約・家計

億り人(富裕層)になる為の5つのステップ【グラントカードン】

こんにちは、Cozです。

グラントカードンがYoutubeで紹介している、億り人になるための5つのステップ(5 steps to become millionare)について解説します。

(リンクは記事の一番最後に添付しています。)

この手の記事は、巷に溢れていますし、現実的でないものも少なくありません。

しかしながら、マインドセットとして参考になるものがありますので、紹介したいと思います。

この記事のまとめ

  1. 明確なターゲットを持つ
  2. 額面収入の40%を貯蓄
  3. 貯蓄を投資に回す
  4. 不労所得が収入と同じになるまで続ける
  5. 目標資産額になるまで続ける

 

億り人になるための5つのステップ

step
1
明確なターゲットを持つ

ここでの目標は1億円の資産を築くことです。(動画の中では、10億円を目標にしろって言っていました。)

具体的な金額を目標に置き、その目標を達成するために行動を起こすことが第一ステップです。

ここで大事なのは、金額そのものではなく、お金の心配がなく自由になることです。

ポイント

  • 目標を変えれば全てが変わる

 

step
2
額面収入の40%を貯蓄

ここが一番難しいところで、「額面収入の40%を貯蓄」することができれば、誰でも富裕層(ミリオネア)になれると言っています

ただし、例として計算していた金額が月収100万円とか300万円とかでしたので、割合そのものは参考にならないかもしれません

なぜなら、額面収入の40%を貯蓄し、40%程度が税金で、残りの20%で生活するというモデルだったからです。

日本だとここまで税金取られませんし、こんなに稼げる人はほんの一握りですので。

 

日本人でも、三菱サラリーマンさんは収入の80%を投資に回していたとのことですので、今更ながら驚かされます。

ポイント

  • 決められた金額でなんとしても生活するということです。

 

step
3
貯蓄を投資に回す

お金を銀行に預けているだけではダメで、投資をしなければなりません。

この方も、レイダリオ氏と同様に、「現金はクソだ(Cash is SH*T)」と言われています。

アメリカの場合ですと、近年のインフレ率は2%以上です。

銀行にお金を預けていても、インフレして資産は目減りするだけです。

よって、貯金はリスク投資だと言われていました。

なので、貯金するのではなく、お金を産むものに投資をしなければならないというロジックです。

 

ポイント

  • 投資をする時には、お金をリスクに晒さないこと

 

step
4
不労所得が収入と同じになるまで続ける

毎月キャッシュが得られるものに、投資をすることが大事とのことです。

グラントカードンが、グーグルに投資をしないのは配当がないからですし、AT&Tも三ヶ月に1回しか配当がありません

日本とアメリカの違いもあるかもしれませんが、一番安全な投資は不動産と動画の中では言及されていました。

銀行は、株を買うのにお金は貸してくれませんが、不動産を買う時にはお金を貸してくれます。

ここの一番の違いはキャッシュフローです。

 

step
5
目標資産額になるまで続ける

あとは愚直に投資を続け、黙々と目標資産額、あるいは必要なキャッシュフローが得られるまで繰り返すだけです。

 

では、実際に日本で得られるようなお給料で、億り人になることができるのか計算してみたいと思います。

 

計算してみる

以下のような、例で計算してみます。

額面年収: 800万円

年間投資額: 320万円 (年収の40%)

税金など: 200万円

年間生活費: 280万円 → 23.3万円/月

 

生活費について

【8400万円の資産が必要?】LeanFIRE(リーンファイア)とFatFIRE(ファットファイア)についてでも紹介しましたが、二人以上世帯の平均消費支出は, 1世帯当たり 27万9671円となっています。

素直に計算しますと、月々23.3万円で暮らすには月に4~5万円ほど節約する工夫が必要と思われます。

全く生活できないという程ではありませんので、現実的な数値だと言えます。

 

投資について

高配当株を主な投資先と仮定しますと、税引き後利回りで4%あれば良い方だと言えます。

増減配が無いとして、毎年配当金が積み上がっていき、年間生活費を上回るには17年間かかる計算です。

さらに、1億円の資産を達成するには21年かかる計算となります。

利回り8%を達成できたとするのであれば、9年目に生活費を賄うことができ、17年目には1億円の資産を達成することができます。

 

 税引き後利回り4%で計算税引き後利回り8%で計算
 総投資額(万円)配当金(万円)総投資額(万円)配当金(万円)
1年目3201332026
2年目6532666653
3年目99940103983
4年目1359541442115
5年目1733691877150
6年目2123852348188
7年目25281012855228
8年目29491183404272
9年目33871353996320
10年目38421544636371
11年目43161735327426
12年目48081926073486
13年目53212136878550
14年目58532347749620
15年目64082568689695
16年目69842799704776
17年目758330310800864
18年目820632811984959
19年目8855354132631061
20年目9529381146441172
21年目10230409161351291

 

所感

利回り8%でキャッシュフローを得るのに、配当金だけでは非常に厳しいと思われます。

あまりにもリスクが高い銘柄を選択すると、減配や倒産する可能性もあるからです。

上記計算にはそぐわないですが、株式投資の市場平均を狙うことで資産価値の伸びは可能かもしれませんし、不動産投資などであればキャッシュフローを生み出すことができるかもしれません。

(実際に、グラントカードン氏は不動産投資をメインに行われています。)

目標を定めて、無駄遣いをせず、資産を産むものに投資を行う」ことは、投資を行う方にとっては至極当たり前のことかもしれません。

グラントカードン氏のように、資産を貯めるまでは、車も買わず旅行も全く行かず、投資をし続けるのはとても強い意志が無いと継続できません。

 

個人的には、サラリーマンとしてしっかり結果を出して、入金力を高めることが現実的な解になると考えています。

 

以上です。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-投資, 節約・家計

© 2021 サラリーマンブログ Powered by AFFINGER5