節約・家計

【海外駐在員の家計支出】32万9千円(2020年7月)

こんにちは、Cozです。

2020年7月分の家計支出は32万9千円でした。

*金額は全て1ドル=106円で換算後、四捨五入しています。

2020年7月度の家計支出

内訳予算結果乖離
家賃¥150,000¥170,000-
通信費¥7,000¥7,000-
スマホ代¥2,000¥2,000-
食費/日用品¥75,000¥90,000-¥15,000
交通費¥15,000¥15,0000
光熱費¥10,000¥10,0000
娯楽費¥10,000¥35,000-¥25,000
書籍---
ブログ関連---
支出合計¥269,000¥329,000-¥60,000

固定費

家賃は17万円で通信費は7千円、スマホ代は2千円でした。

今月はアパートの契約更新月となっており、来年分の施設利用費(2万円)が必要となりました。

通信費は、インターネット回線用です。

スマホ代は、日本の楽天モバイルで契約している分です。

 

変動費

食費(日用品含む)は、90,000円かかってしまい、予算額より15,000円高くなりました。今月はビール代だけで5千円くらいかかっており、食品もまとめて購入しましたので少し高くなりました。

交通費は、15,000円でしたので予算額通りとなりました。ようやくフルタイムの出勤となりましたので、会社までの往復でガソリン代がかかりました。

光熱費も、10,000円でしたので予算額通りとなりました。冷房もほとんど使用していませんので、かなり低めに抑えることができました。

娯楽費は、35,000円でしたので予算額より25,000円高くなりました。

今月も複数回ゴルフに行きましたので、その分高くなってしまいました。

差し引き、予算より60,000円消費してしまいました。

支出詳細

固定費(家賃代、スマホ代、通信費)と食費(日用品含む)のみで支出の8割を占めています。

来月からは家賃も5000円ほどの値上げとなりましたので、さらに固定費割合が高くなります。

これ以上安い家賃にすると、治安の心配通勤時間が長くなりますので、仕方無しと割り切っています。

変動費の推移を見てみます。

5月と6月の娯楽費と比較すると、7月度は大分抑えることができました。

8月度は外出する予定はありませんので、15万円以下に抑えることができると思います。

 

 

以上です。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Coz

30代前半でアッパーマス層へ。 堅実な貯金と投資で富裕層になることが目標。 旧帝大院卒のメーカー開発マン。

-節約・家計

© 2021 サラリーマンブログ Powered by AFFINGER5